alt="相続の問題に関しては、相続問題ガイドでご相談下さい"

相続問題ガイド

相続問題ガイド

〜相続を争続にしないために〜 相続は、遠い問題のように感じついつい後回しにしがちですが、誰にでもやがて訪れることです。 相続について全く知らないまま相続問題に巻き込まれると、仲の良かった家族がバラバラになってしまったり、手続きを放置していたために大変な問題が起こったりします。 また、自分が死んだ後に大事な家族が傷つかないためにも、相続問題をしっかりと考えていきましょう。

相続とは

相続とは人が死亡したときにその人が持っていた財産の権利義務を受け継ぐことです。 財産権利を受け継ぐ人は、配偶者や子など、一定の身分関係にあった人となります。 受け継ぐ遺産は、現預金や不動産などの正の財産だけではなく、借金債務やクレジットカードの未払い分、住宅ローンなどの負の財産も相続されます。 ただし、被相続人が負っていた身元保証などの一身に専属したものについては、相続の対象となりません。 相続は自然死のほか、法律上死亡とみなされる失踪宣告や認定死亡を含む、人の死によって開始されます。

・失踪宣告
相続が始まる際に被相続人の生死が不明などの理由により死んだものとみなして家庭裁判所で相続を開始する手続きです。7年で死んだものとされる場合と、事故など災害の場合は1年で死んだものとされる場合があります。

・認定死亡
相続の手続きをしようと考えていて、死んだことが確実なのに死体が出てこないような場合、市区町村の官公署にて戸籍に死んだものとして扱ってもらう行政手続きのことを指します。

人の死によって何の手続きも意思表示もなく当然に生じるものとされますので、相続放棄や限定承認の手続きをしない限り、借金などの債務も含む全財産を一切引き継ぐことになります。 また、遺言があった場合は、遺言状の内容が最優先されます。

相続問題ガイド

相続についてお困りの方は相続遺言相談ねっとで相続の専門家が探せます。 また、相続を福岡で探すなら武富先生がお勧めです。
神奈川県内で夕方や土曜も相続に関して相談するなら横浜相続遺言相談センターにお任せ下さい。
相続手続き 横浜の総合サポートを致します!