alt="土地相続の問題に関しては、土地相続ガイドでご相談下さい"

土地相続ガイド

土地相続ガイド

〜相続する遺産の70%が土地や建物などの不動産〜 身内の方や親が亡くなると、相続人は誰になるのか、土地や家といった不動産は相続されるか、その配分はどうなるのかといった問題が出てきます。

土地相続の流れ

相続は被相続人の財産を受け継ぐことをいいます。 土地や建物や預貯金などの財産を家族や親族などが相続人として受け継ぎます。

1.遺言書の有無
公証人が被相続人からの口述をもとに作った遺言書である公正証書以外の遺言書は、家庭裁判所の検認を受けない限り開いてはなりませんので、裁判所に家事審判申立書を提出します。

2.相続人の確認
被相続人と相続人の戸籍謄本を調べ、法定相続人が誰であるかを確認します。

3.相続土地の確認
土地相続の、するしないを相続人で決めます。

4.遺産分割協議書の作成
相続人全員で遺産分割について話し合いをします。遺産分割協議書の作成には相続人全員の実印と署名が必要になります。

5.申告と納付
管轄の税務署に税金を納付し、申告書を提出します。

土地相続と名義変更

遺産分割協議をして財産の分配を決め、その内容の遺産分割協議書を作成したら、その内容どおりに財産の名義変更をする必要がでてきます。 名義変更はいつまでといった期限はありませんが、次の相続が起こってしまうようなことになれば手続きが複雑となりトラブルのもとになってしまう恐れもあり、相続した財産を売る際には名義が被相続人のままだと売ることができませんので、名義変更をする必要があります。

土地相続の必要書類

1.被相続人の出生から死亡までの全ての除籍・原戸籍・戸籍が必要です。
2.法定相続人全員の現在の戸籍が必要です。
3.遺産分割協議書を作成する際には、相続人全員の印鑑証明が必要です。ただし、遺言書通りに相続する場合は不要となります。
4.相続財産を取得する人の人数分の住民票が必要です。
5.固定資産評価証明書を市町村役場で申請、取得します。

土地相続ガイド

専門家に相続について相談したい方は、相続遺言相談ねっとを利用するといいと 思います。もし相続 福岡で困っているなら武富先生がおすすめです。

横浜相続遺言相談センターは相続 横浜のプロフェッショナルです。
複雑な[相続手続き]のご相談にもしっかり対応してくれます。