土地相続と遺産分割

土地相続と遺産分割

複数の相続人がいる場合、遺産は相続人全員の共有となります。 しかし土地や住宅を分けるのは、現金を分けるのとは違い、難しいものです。 そこで、遺産分割を行い、誰が何を受け継ぐかを決めることになります。

遺産分割の種類

・指定分割
被相続人が遺言書によって分割方法を定める方法です。 遺言書による分割方法は、遺産の全部または一部だけ行うこともできます。 遺産の一部または相続人の一部についてだけ分割方法が定めてある場合には、残りの物や人について、相続人間で協議し、分割方法を決めることになります。

・協議分割
法定相続人全員の協議により分割する方法です。 遺言書がない場合に行う方法ですが、遺言書がある場合でも、相続人全員の協議によって遺言と違った内容での合意が成立した場合には、協議分割が優先となります。 相続人の一人から分割要求があると、残りの相続人は協議に応じる義務が発生します。 協議は相続人全員の参加と合意が必要で、一部の相続人の意思を無視したり、除外したりした協議は無効となります。

土地相続の分割方法

土地相続の分割は換価分割、代償分割、文筆、共有の4つがあります。

・換価分割
換価分割は、土地を売却することで得た現金を各相続人に公平に分配する方法です。 公平に分配されることが明確なのでトラブルにはなりにくいですが、土地を手放さないといけないことや、金銭という消費されやすい財産に換価してしまうこと、売却益に対する所得税と住民税がかかるデメリットがあります。 土地を手放したいときや、手放してもいいとされる場合に向いています。

・代償分割
代償分割は、相続人の誰かがその土地を取得する代わりに、残りの相続人に自分の財産や金銭を支払う方法です。 土地を手放さずに、柔軟に相続財産の分配をすることができますが、土地を取得する相続人に、残りの相続人に対して金銭を分配する支払能力が必要になります。 相続人のうちの誰かが、土地を買い取るだけの金銭の支払い能力があるときに最適です。

・文筆
文筆は、1つの土地を複数の土地に分けて、複数の相続人それぞれが単有で相続する方法です。 土地を手放さずに済み、公平に分配できますが、土地の分け方によっては土地の評価額が落ちることがあります。(土地の評価額を落とすことで節税対策になることもあります) 相続財産が高額となり、節税したい場合に向いています。

・共有
共有は、1つの土地を複数の相続人が共同で所有、管理していく方法です。 土地を手放さなくて済みますが、土地の管理をめぐってトラブルになることがあったり、土地を売却したり賃貸する場合には、相続人全員の合意が必要となります。 相続人同士の仲が良く、後々トラブルとなりにくい場合に最適です。