土地相続にかかる様々な費用

戸籍、除籍、原戸籍などおよび住民票等の取得費用(市町村役場に払うもの)

これはケースによって全く違います。数通集めれば済む場合もあれば、数10通が必要となる場合もあります。また、1通あたりの料金も市町村によって異なります。一般的に言って、戸籍は1通450円前後、除籍・原戸籍は1通750円前後、住民票は1通300円前後です。

分割協議書を作成した場合、相続人全員の印鑑証明書(市町村役場に払うもの)

こちらは1通300円前後です。遺言書がある場合は必要ありません。

不動産の固定資産評価証明書(市町村等)

相続不動産の個数分必要。になります。1通450円前後です。

不動産登記の費用(登記所(法務局)に払うもの)

これは不動産の固定資産税評価額の0.4%です。

遺留分減殺請求のポイント

遺留分減殺請求をする際は、配達証明付きの内容証明ですることをおすすめします。 内容証明で証拠にしておかないと、後になって遺留分減殺請求をしたのかどうかでまた争いになる可能性もあります。 遺留分減殺請求をして、相手に交渉しても話がまとまらないような場合は、家庭裁判所において調停や審判ということになります。