費用

弁護士費用の種類

ご相談が弁護士のアドバイスのみで終了した場合には、法律相談料をいただくことになります。法律相談料は、当事務所の規定により30分につき5250円[消費税込]となります。

 また、ご相談だけではなく実際に弁護士に事件を依頼する場合の費用としては、着手金、報酬、実費の3種類があります。
 着手金は、事件に着手する際に頂くものであり、事件処理のための手数料としての性格をもつものですので成果が得られなかった場合にもお返ししません。
 報酬は、事件終了後に得られた成果に応じて頂く費用です。
 実費は交通費、通信費等実際に事件処理に費やした費用です。
 (その他、ご依頼の内容によって文書鑑定料や日当等が必要となる場合があります)

弁護士費用の算定の基準

弁護士費用の算定は、原則として事件の解決によって得られる経済的利益を基準とします。例えば、500万円の売買代金の支払いを求める事件であれば経済的利益は500万円となります。着手金及び報酬の算定の基準は以下のとおりです(別途消費税がかかります)


当サイトでは、債務整理でお悩みの方へ向けて実績ある司法書士事務所を紹介しています。杉山事務所では、依頼時に掛かる費用をわかりやすくご説明し、費用を分割でお支払いいただくことが出来ます。
また、経験豊富な職員が消費者金融との交渉にも一切妥協せず、徹底して戦い最後までご担当いたします。是非一度司法書士杉山事務所に相談してみてはいかがでしょうか。。