遺言の撤回とは

遺言の撤回とは

遺言者はどんな時でも遺言の方式に従い、その遺言の全部または一部を撤回することが可能です。 遺言は、人の最終意思に法的効果を認めるものです。現実問題、死亡の瞬間に意思表示をすることは不可能または非常に困難であるため、生前に遺言者があらかじめ遺言という形で意思表示をして、遺言者が死亡した際にはその内容を遺言者の最終意思と認める事になるのです。

しかし、遺言の作成と遺言者の死亡との間には時間的間隔があることが多かれ少なかれあるため、遺言者は、生前、いつでも遺言に記載した意思を変更、撤回することができるのです。 遺言者は、遺言の撤回権を放棄することはできません。

みなし撤回

最初に書いた遺言と後に書いた遺言とが相互に矛盾する場合、その矛盾部分については後に書いた遺言で前の遺言を帳消にしたものとみなされます。 また、遺言者が故意に遺言書を破棄した箇所、部分についても、遺言を取消したものとみなしています。