信濃川コンサルティング 行政書士野上昇事務所 > 遺言書作成

遺言書作成

元気な今だからこそ遺言書を作っておきましょう

 優しく頼もしい家族が身近にいて、ささやかな年金や預金をキャッシュカードでおろしながら静かに暮らしていけるのならば、遺言や老い支度契約などの面倒なことを考える必要はないかもしれません。

   けれども、一般的に遺言を残さずに人が亡くなると、残された家族全員が話し合って遺産相続の仕方を決めることになります。 戦前までの家督相続のように長男が全財産を相続するとか、年老いた母の世話をする子供が家屋を相続するとか、家族全員が納得するならばその内容を自由に決められます。  

 その話し合いの前に、相続する権利のある人や相続財産と負債の調査をしなければなりませんが、本人が亡くなった後ではかなり苦労することもよくあります。

 また、遺産分割の話し合いが兄弟げんかになってしまい全員が納得するような結論が得られないときは、裁判所に間に入ってもらって法律の定めた割合を基準に遺産を分けることになります。 法律はごく普通の家族を前提に作られているので、家庭の事情によってはちぐはぐな結論となってしまうこともあります。  

 裁判所のお世話になるほどでなくとも、遺産分割協議がまとまるまで預金の引き出しができなくなり、不動産や自動車、株式等の名義変更もできません。

 すべてはあなたが亡くなってからのことです。天国からの声は誰にも届きません。 愛しい家族に必要以上の苦労をさせたり、もめごとの種を残すようなことにならないように、元気な今だからこそ遺言書をつくっておきましょう。  

 遺言は、あなたの大切な人に残せる最後で最大のプレゼントであり、大切な人を守らなければならないあなたの責務です。

遺言書がなかったため困ってしまった事例

1. 夫死亡後、長男に住宅を相続させ、母はその家に同居していたが、嫁との折り合いが悪くなり、 追い出されるようにして寝起きする場所が無くなった。
2. 夫死亡後、子供のなかった妻に対して、夫の兄弟から遺産の分割を要求された。
3. 子供の一人が行方不明となっており、遺産分割協議ができるまで銀行預金から生活費を引き出せない。
4. 婚姻届を出さなかった事実婚の後妻が、前妻との子供たちから立ち退きを要求された。

特に以下のような事情がある人には、遺言書は絶対に必要です。

・特定の相続人に遺産を多く残したい場合
 1. 家業の後継者に事業用資産の全てを引き継がせたい。
 2. ご自身の介護をしてくれる娘の苦労に報いたい。
 3. 子供はないが疎遠な兄弟に分割することなく、
   妻に全財産を残したい。
 4. 葬儀埋葬の方法ならびにその主催者を指定し、
   そのための費用を葬儀埋葬の主催者に相続させたい。
・法定相続人でない人に財産を残したい場合
 1. 事実婚、内縁の妻やその連れ子
 2. 老後の世話になった息子の嫁
 3. お世話になった恩人や福祉施設等
・特定の相続人に財産を渡したくない場合
 1. 別居していて事実上の離婚状態の妻
 2. 暴言、浪費を繰り返してきた放蕩息子
・遺産分割協議が紛糾しそうな場合
 1. 遺族の知らない財産がある。
 2. 前妻や愛人との子供がいる。
 3. 行方不明の相続人がいる。
・死後に子供を認知したい場合

 

当事務所でできること

・遺言書作成準備として、親族関係を調査し親族関係図を作成する。
・遺言書作成準備として、財産を調査し財産目録を作成する。
・遺言内容の検討にあたり、法律や手続き、付言事項等について助言する。
・自筆証書遺言書の下書きを作成する。
・公正証書遺言書案を作成して、公証人と打ち合わせをし、公正証書遺言作成当日の証人となる。

相続手続きについて知りたい片は

相続手続はこちらから

まずはお気軽にお問い合わせください