司法書士 中村博之事務所 > 遺言について

遺言について

遺言のすすめ

生前の意思を配偶者やお子様方など残された方々に伝えていく手段として、遺言をされる方が増えています。
ご自身が亡くなられたあとに遺族間で争いが起きることのないよう、遺言を考えてみよう、そう思われたら、お気軽にご相談下さい。

次のような場合は特に遺言書の作成をお勧めします。

  • お子様のいない方
    (配偶者だけでなく親兄弟も相続人になるため、遺産分割協議がまとまりにくいです)
  • 相続人に行方不明者や認知症の方がいる方
    (遺産分割協議を進めることができず、裁判所の手続きが必要になります)
  • 事業をやられている方
    (事業用の資産を分散させることなく、家業を継いだ者に残すことができます)
  • 親族以外の方に財産を残したい方
    (遺言を残すことで、お世話になった方など法律上の相続人以外の人に財産を残すことができます)

遺言にはいくつか種類がありますが、 当事務所では最も安全確実な公正証書遺言をお勧めしております。

・公正証書遺言とは、証人2名の立会いのもと、公証人の面前で遺言を行うものです。

・公証役場に原本が保存されるため、改ざんや破棄の心配がなく安全です。

遺言の文案作成や、公証人との事前打ち合わせなどは、 すべて当事務所にお任せください。

まずはお気軽にお問い合わせください