司法書士 中村博之事務所 > 相続手続の流れ

相続手続の流れ

相続開始より

STEP1死亡届提出
死亡日又は死亡を知った日から7日以内に市区町村役場に提出しなければなりません。
STEP2火葬埋葬許可申請
死亡届の手続きと同時に行います。 (死亡届を提出しないと許可証が発行されません)
STEP3遺言書の有無の調査
自筆の遺言の場合は、家庭裁判所の検認手続きが必要となります。
STEP4法定相続人の確認

戸籍調査を行います。
故人が生まれてから亡くなるまでの間の戸籍謄本等(除籍謄本・改製原戸籍を含む)を本籍地の市区町村で取寄せます。
それらに記載された配偶者、子供(認知した子、養子も含む)を確認し、その方の戸籍謄本も取寄せます。

※子供がいない場合は、故人の両親(養親も含む)が相続人になり、すでに親が亡くなっている場合は、祖父母が相続になるケースや兄弟姉妹が相続人になるケースもあり、戸籍調査は、思う以上に大変なケースがあります。
STEP5遺産・債務の確認
預貯金・不動産・株式など、故人所有の遺産を調べます。
借入金などの負債の確認も行います。
資産がなく債務しか残らない場合は、相続放棄などを検討することになります。
STEP6遺産分割協議
遺言書がなく、法定相続を行わない場合、相続人全員で遺産分割協議を行って遺産の配分を決定します。
遺産分割協議がととのいましたら、各種財産の名義を書き換えていきます。

相続による不動産の名義変更

登記手続きの期限はありませんが、名義変更をせずに放っておくと遺産分割協議が成立しにくくなる場合もありますので、早めの手続きをお勧めします。

<一般的な必要書類>

  • 亡くなられた方の戸籍謄本(出生から死亡までの全て)
  • 亡くなられた方の住民票の除票
  • 相続人の戸籍抄本・住民票・印鑑証明書 (財産を受ける人だけでなく相続権のある人すべての分)
  • 不動産の評価証明書
  • 遺産分割協議書 ←当事務所にて作成致します
印鑑証明書以外はすべて当事務所にて代行取得できます。
面倒な書類集めはお任せ下さい。
遺言書がある場合、未成年者がいる場合等は手続きが若干異なって参ります。

相続の放棄

相続財産の調査の結果、資産より負債の方が多い場合、負債を引き継がずに済むよう相続放棄や限定承認といった手続きを選択することができます。
ただし、故人が亡くなられたことを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に申立てをしなければならず、この期間を過ぎてしまうと放棄等はできなくなりますのでご注意下さい。

まずはお気軽にお問い合わせください